COMPANY会社概要

蓮尾 拓也

五健堂グループCEO蓮尾 拓也

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
五健堂グループ最高経営責任者の蓮尾拓也でございます。
株式会社五健堂は令和元年をもちまして創業30 周年を迎えることができました。 この節目を迎えることができましたのも、ひとえにみなさまからのご支援、ご愛願 の賜物でありここに改めて深く感謝申し上げます。
五健堂グループは平成元年創業以来、「5つの健康、5つの大満足」を社名と経営理念に捉え食品物流を中心に「お客様、仕入先様、社員」の皆様の幸せを願いながら、地域ナンバーワン企業を目指してまいりました。
2007 年には皆様のおかげを持ち京都最大級の総合物流センターと新社屋を完成させることができました。
現在ではセンター施設を増設し食品物流のすべての工程において、安全性と高い品質、高度なソリューションとナレッジによるサービスを提供することで数多くのお客様とお取引をいただいております。
現在、経済や社会環境が劇的な変化を続ける中で、物流企業が果たすべき役割や期待は益々高まっています。こうした中で五健堂グループは、物流ネットワークの拡充を進めると共に、現場力・人材力等を高めることにより、SCM(サプライチェーン・マネジメント)3PL(サードパーティーロジスティクッス)構築に向けた効率的な物流システムの確率投資効率を狙った物流のアウトソーシング、循環型社会への体系的な物流システム構築など、お客様の物流課題へのソリューション提案力のさらなる強化を図り最適物流構築のベストパートナーを目指しています。
又、食品物流の経験とノウハウを活かしてBtoC 事業に参入し、生活者の皆様に豊かな食生活を満喫していただけるようパン事業を展開しております。魅力的な商品開発と多彩なバリエーション、コストバリューの追求改善など市場ニーズにお応えできる商品をご提供しております。
コメダ珈琲事業では喫茶店のフランチャイズ事業を展開し、地域に愛されるくつろぎの場所をご提供し、パン事業、コンビニエンス事業などブランドポートフォリオを明確化し計画的に各ブランドの価値や利益を最大化させています。
五健堂グループでは今後の経営計画の戦略でもっとも重視しているのがロジスティック事業のさらなる拡大、グループ各社の多様性を生かした事業拡大、CSR 経営に基づく事業を通じた社会貢献です。
これらの戦略を迅速かつ着実に実行することにより、収益性の高い事業構造を確立し、総合物流企業として未来に向かって躍進してまいります。今後とも、より一層のご支援とご愛願をお願い申し上げます。